水土里ネットやまなし 山梨県土地改良事業団体連合会

business

事業概要

水土里情報システムの活用

地理情報システムWebGis

現在提供のスタンドアローン型『水土里Maps』を一新し、令和2年度から新たに地理情報システム(WebGis)を導入致しました。本システムはインターネットブラウザで動作するWebGis(ASP)であり、総合行政ネットワーク(LGWAN)やInternetにも対応したシステムとなっております。(図1参照)

本会が管理または利用団体等が保有しているデータを最大限活用する事が可能となり、データの一元管理を行う事により職員間の情報共有が可能となるため業務の効率化が期待できます。

ブラウザで稼働するGIS

インターネットブラウザで動作させるWebGIS(アプリケーションインストール不要)
総合行政ネットワーク(LGWAN)にも対応し、(インターネットとデータ連携も可能)

ブラウザで稼働するGIS

※1.VPNを通じて、LGWAN側のWEBサーバーにアクセスします。行政のLGWAN回線と直接繋がるものではありません。
※2.LGWAN側で編集・更新されたデータをバッチ処理でinternet側と同期させることが可能です。
※3.セキュリティの観点から、internet側からLGWAN側を編集したり、同期させたりすることはできません。
※4.一部データについては申請・承認が必要になります。

WebGis画面

シンプルなアイコン表示により直感的でわかりやすい画面構成。

WebGis画面

重いデータもスムーズに表示

航空写真や地形図などの背景地図を予め一定の縮尺で画像化し、地図の移動時は滑らかに表示します。

重いデータもスムーズに表示

ストックマネージメント

土地改良区体制強化事業等の施設診断結果をGISに蓄積することで今後の農業施設の管理改修計画に活用が可能となります。

ストックマネージメント

三次元システム構想計画

航空写真だけでは確認することの出来なかった詳細な地表の状況を赤色立体地図(特許 アジア航測)を利用する事により、現地にあった資料作成やシミュレーションが可能となります。

更に三次元システムを利用する事によって、視覚的に分かりやすく表示することが可能となり、ほ場整備等の段階的な検討や地元説明資料に活用できます。

現況

現況

三次元システムによる構想計画

三次元システムによる構想計画

農地・農業用施設の災害復旧支援

農業生産と農村生活の基盤である農地・農業用施設の災害に対しては、迅速かつ適切な災害復旧が強く求められています。本会においても災害復旧事業の応急処置や災害査定に係る技術支援等についてサポートいたします。

大雨により農地法面が崩壊

大雨により農地法面が崩壊

災害復旧後

災害復旧後

換地・確定測量業務

ほ場整備事業のように工事により土地の区画が変更される事業の中で、工事前の土地(従前の土地)と、これに対応して配分された工事後の新しい区画の土地(換地)とを法律上同一のものとみなし、従前の土地に設定されていた権利関係を土地の変更と同時に一挙にうつす法制度を換地といいます。

換地
測量
主な業務

・基礎調査 ・換地計画原案の作成・確定測量 ・一時利用地の指定・換地計画書の作成 ・換地処分登記事務

土地改良区体制強化事業

施設・財務管理強化対策

土地改良施設の円滑かつ適切な管理及び事業運営の透明化やガバナンスの強化を図るため、 土地改良施設の診断・管理指導を行うとともに、土地改良施設の管理等に関する苦情・紛争等の 対策及び財務管理強化重点地区の指導等を行います。

  • 管理運営体制強化委員会の設置
  • 土地改良施設の診断
  • 管理指導の実施
  • 施設の管理等に関する苦情
  • 紛争等の対策
  • 財務管理強化に関する指導等
施設・財務管理強化対策

受益農地管理強化対策

換地事務の適正かつ円滑な推進により、ほ場整備事業の効果が十全に発揮され、農地の効率的利用が図られるよう、換地事務に関する指導、土地改良換地に関する異議紛争の未然防止及び早期解決を図るための助言・指導を行うとともに、農地中間管理機構等と連携した農用地の利用集積の推進を図るための農地利用集積に関する指導を行います。

  • 受益農地管理強化委員会の設置
  • 換地選定に関する指導
  • 換地処分未了地区等の解消に関する指導
  • 換地等技術向上研修
受益農地管理強化対策

土地改良維持管理適正化事業

土地改良区等が管理する土地改良区施設 を整備補修する維持管理適正化事業の全体 計画の策定、新規加入に向けた指導・助言・ 事務手続きを行います。

整備補修工事の内容

  1. 整備補修
    機能低下防止、機能回復等のため、おおむね5年に1回程度の頻度で行う必要のある整備補修。
  2. 設備改善
    災害の未然防止、その他保安上又は設備の性能の向上等により、管理の効率化と労力節減を図るために必要とされる施設本体の附属設備の改善等。
  3. 一部更新
    管理の効率化と労力節減を図るために必要となる施設(用排水機場におけるポンプ及び動力機器)の一部更新
土地改良維持管理適正化事業

多面的機能支払交付金事業の支援

  1. 地域協議会への参画
  2. 活動組織への支援
  3. 事業の普及推進活動
多面的機能支払交付金事業の支援

国又は県の行う
土地改良事業に対する協力

国又は県の行う土地改良事業の効率的かつ円滑な推進を図る諸施策に協力し、一層の推進につとめる。

土地改良事業に関する調査及び研究

  1. 事業の推進と効果の拡大を図るため、必要な調査研究
  2. 国及び県、全国水土里ネット等より委託された事項についての調査研究

その他本会定款第1条の
目的達成に必要な下記事項の実施

  1. 土地改良事業推進に関する陳情及び請願
  2. 事業成績優良な土地改良団体及び事業功労者の表彰
  3. 土地改良事業推進のための諸会議の開催
  4. その他本会の目的達成に必要な事項