お知らせ
令和4年度 農村振興リーダー研修のご案内
令和4年11月15日

新型コロナウイルス感染症対策のため、令和2年度及び3年度につきましては、残念ながら開催を断念したところですが、本年度につきましては、新型コロナウイルス感染症対策を施したうえで、下記のとおり開催することといたしました。

本年度のワークショップでは、SDGsを題材として取り上げ、活動組織の持続可能性について参加者皆さんで考えをまとめていきます。また、農林水産省のご担当者を講師としてお招きし、制度の講義と質疑応答により、組織の活動に必要な制度の知見を高めていただきます。多面的機能支払活動組織の皆様、農村振興に携わっておられる多くの皆様のご参加をお待ちしております。

1.日程 令和4年12月15日(木)~16日(金)
2.場所 埼玉会館(7B会議室)

さいたま市浦和区高砂3-1-4

(東北線京浜東北線 浦和駅西口下車 徒歩6分)

受講者用の駐車場は用意しておりません。公共交通機関をご利用ください。

3.研修対象者  ①多面的機能支払交付金における活動組織のリーダーや活動に参加している構成員、推進組織等のまとめ役の方など

②都道府県、市町村、土地連等の農村振興施策に携わっている方

4.研修内容 交付金制度の解説と質疑、ワークショップ形式による整備・活動計画策定等の体験学習等(詳細は研修プログラムをご覧ください。)
5.研修人数 48名
6.参加費 15,000円(お一人当たりの参加費です。昼食代は含みません。)

参加費は研修初日に会場で申し受けます。後払いをご希望される方は、参加希望調書摘要欄に「後払い希望」とご記入ください。(参加費は、多面的機能支払交付金の対象となります。)

7.参加申し込み 参加希望者は、添付の参加希望調書にご記入の上、全国農村振興技術連盟へE-mail又はFaxにて11月30日(水)までにお申し込みください。

申し込み先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。

開催案内及び参加申込書(PDF)

全国農村振興技術連盟 担当 渡邉 木村

E-mail:kensyu@n-renmei.ip

FAX:03-3578-7176

(電話でのお問い合わせ)

TEL:03-3434-5407

8.事前質問 「交付金制度について」の講義では事前に質問を受け付けています。日頃の疑問点など事前にご記入いただきご提出いただきますようお願いいたします。添付の質問事項の様式にご記入の上、申込書を一緒にご提出ください。
9.その他 ・本研修で農業農村工学会技術者継続教育のCPD単位を取得できます。

・新型コロナウイルス感染症対策については別紙「農村振興リーダー研修 新型コロナウイルス感染症対策」をご覧ください。

一覧へ
トップページ
へ戻る

活動組織

県内位置図から
活動組織の位置を確認

交付金の活用例

多面的機能支払交付金が
使える活動と使えない活動

よくあるご質問

多く寄せられている
お問い合わせの内容